生命保険の選び方

自然災害に関しては災害割増特約や免除特約などが規模によって支払われないことも
戦争・テロに関しては規模が予測できないので支払い対象外としている
保険協会による特例措置が取られることもあるので、保険金が請求できるか確認することが大 ...

生命保険の選び方

保険金を請求できる状態になってから3年が過ぎると時効によって請求権が消滅する
時効が適用されるためには保険会社による時効の援用が実行される必要がある
時効が適用されないケースもあるので、請求できるかどうかできるだけ早く保険会社に ...

生命保険の選び方

保険会社に連絡して請求しないと保険金や給付金はもらえない
必要な書類が揃った時点から45日以内の支払い期限がある
スムーズに保険金や給付金を受け取るために、必要な手続きを済ませ書類を準備しておく
保険金・給付金請求の重要性 ...

生命保険の選び方

証券は契約内容などを記している大切な書類
無くした場合でも契約は有効だが保険金の請求が遅くなる
災害などで見つからなくなった場合でも専用窓口から照会できる
保険証券の必要性

保険証券は、保険会社が契約した保険の内容を証 ...

生命保険の選び方

医薬品の服用状態を総合的に判断して加入できるかどうか保険会社が決める
ピルは避妊や生理痛軽減を目的としている場合であれば加入できる可能性が大きい
保険加入時に薬の副用についてきちんと告知しておくことが大切
薬の服用と保険の ...

生命保険の選び方

加入後1~3年の免責期間を経過していれば保険金は支払われる
免責期間中でも心神喪失状態による自殺の場合などは支払われるケースも
自殺を考える前に解約返戻金や契約者貸付などの活用も検討してみる
自殺した場合の保険金支払いにつ ...

生命保険の選び方

公平負担の原則から命に危険が伴う職業の人は加入制限を受ける
職業や制限額は保険会社によって異なる
転職したり無職になった場合、保険加入を継続できるかを確認しておく
生命保険に加入できない職業

生命保険に加入する際は「健 ...

生命保険の選び方

反社会勢力や健康上の理由で保険への加入が断られるケースがある
保険会社によって対応が異なるので事前の確認が大事
加入後にタトゥーを入れた場合に保険金支払いがトラブルになることも
タトゥー・刺青をしていると保険加入を断られる ...

生命保険の選び方

妊娠が判明するまでは通常の医療保険に加入できる
妊娠後は保障範囲が限定される「特定部位の不担保」が条件となる
妊娠中でも加入できる女性保険もあり、保障内容や保険料などしっかりとチェックしておく
妊娠中でも保険に加入できる? ...

生命保険の選び方

告知によって健康状態を知らせることによって、加入者同士の不公平を無くす役割がある
告知方法や内容は保険会社や商品によって異なる
告知義務違反になると契約解除や保険金の不払いになるケースもあるので、追加告知を行うなどしっかりと対処 ...