保険料をクレジットカード払いでポイント獲得

  • 保険料をクレジットカードで払うことによってポイント還元される
  • 利用できる保険会社や保険種類、保険料が決まっている
  • 保障開始や有効期限、手続きなどは事前によく確認しておく

保険料の支払いはクレジットカード払いがお得

保険料の払い込み方法には「年払い」や「半年払い」「月払い」などがありますが、これらは数年前までは口座振替で引き落としされることが一般的でした。しかし公共料金や携帯電話料金、国民年金保険料などもクレジットカード支払いが出来るようになり、近年では通販型の生命保険会社や損害保険会社だけでなく対面型の生命保険会社の保険料もクレジットカードで支払うことができるようになってきました。

    保険料払込をクレジットカード払いにするメリット

  • ポイントの獲得が可能
  • ポイント還元で実質的な値引き効果
  • 保険料の支払い漏れ防止に有効

保険料の支払いをクレジットカードですることの一番のメリットは、支払った金額に応じてポイントが貯まる点です。クレジットカードにはそれぞれ独自のポイントシステムがあり、支払った金額に応じてポイントが貯まります。そのポイントをキャッシュバックしたり、ポイントに応じて商品に交換したり提携企業のポイントに変換することが出来ます。

どれだけポイントが付くかはカードの還元率によって異なりますが、還元率が高いほどポイントをたくさん貯めることが出来ます。例えば、毎月保険料を2万円支払っているとします。カードの還元率が1.0%の場合、保険料で年間24万円の支払いがあると毎年2,400円分のポイントを貯めることが出来ます。

クレカ払い

このように生命保険の保険料をクレジットカード払いにすることで保険料の支払いごとにポイントが貯まっていき、ポイント付与により実質的に値引きしてもらうのと同じ効果があります。

また保険料を口座振替でしている場合、保険料の引き落とし前に残高不足にならないよう口座管理する必要があります。それは2か月連続で保険料を引き落とすことが出来なければ保険が失効してしまうからです。

その点クレジットカード払いにすると、支払い日になると一旦保険会社が立て替えて払ってくれるので残高不足による保険料の未払いを防ぐことができます。ただしクレジットカードの決済日には残高不足にならないようにすることが大切です。

クレジットカード払いができる保険会社と取り扱い制限

生命保険の保険料をクレジットカードで支払うことができる保険会社が増えてきましたが、保険会社によって様々な取り扱い制限があります。

    保険料をカード払いにする制限事項

  • 利用可能なクレジットカード会社が限られている
  • 月払いや初回のみ対応可能など払い込み方法や回数に制限がある
  • 1契約の保険料の支払上限額がある
  • クレジットカード払いを選択できない保険商品もある
  • 個人の契約のみに限定している保険会社がある

保険料をクレジットカード支払いにするとポイント付与などお得な点がありますが、保険会社によっては制限があることでお得にならない場合もあります。例えば養老保険や学資保険では、一括払いをすると保険料が安くなりますが、月払いのみと限定している保険会社の場合はクレジットカード払いをするとポイントは付きますが、保険料は安くなりません。

クレジットカード払いが可能な保険会社一覧
保険会社 支払い方の制限 利用可能なカード会社
アフラック 一時払いは対応不可
・法人契約は取扱い不可
・個人年金保険や養老保険、学資保険は支払金額に制限
・月払い⇒1契約につき10万円まで
・半年払い⇒1契約につき60万円まで
・年払い⇒1契約につき120万円まで
・JCB、VISA、Master Card、American Express Card(AMEX)
オリックス生命 ・法人、個人事業主は取扱い不可
・月払い⇒1契約につき5万円まで
・半年払い、年払い⇒1契約につき10万円まで
JCB、VISA、Master Card、AMEX、Diners Club
メットライフ生命 一時払いは対応不可 JCB(米国通貨建商品はJCBのみ)、VISA、Master Card、AMEX
AIG富士生命 ・1契約につき10万円まで
・一括払いのみ対応(インターネットで申込の場合)
JCB、VISA、Master Card、Diners Club、AMEX、セゾン、イオン
日本生命 ・平成20年1月4日以降に契約した保険のみ対象
・法人、事業保険扱契約は取扱い不可
・前納、一時払いは対応不可
JCB、VISA、Master Card、AMEX、Diners Club
東京海上日動あんしん生命 ・1契約につき10万円以下
・法人契約は取り扱い不可
JCB、MUFG、DC、UFJ、NICOS、VISA、MasterCard、AMEX、Diners Club
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 ・変額保険や長期障害保険は取扱い不可
・1回の支払い保険料が10万円以下
・法人、個人事業主は取り扱い不可
・旧日本興亜生命保険で加入の契約は対応不可
JCB、VISA、Master Card、AMEX、Diners Clubなど
三井住友海上あいおい生命 ・月払⇒1契約につき5万円以下
・半年払い、年払い⇒1契約につき10万円以下
JCB、VISA、Master Card、AMEX、Diners Club
三井生命 ・個人保険や個人年金保険が対象
・個人年金「ゆとり」、医療保障保険(個人型)は対象外
・初回の保険料支払い時のみ利用可能
・利用限度額:10万円未満
JCB、VISA、Master Card、AMEX
かんぽ生命 ・初回の保険料支払い時のみ利用可能
・利用可能額:50万円まで
JCB、MUFG、DC、UFJ、NICOS、VISA、MasterCard、AMEX、Diners Club

このように保険料をクレジットカード払いにするには、各保険会社で様々な制限があります。現在、口座振替している保険の保険料支払いをクレジットカード払いに変更することも出来る場合があるので、各保険会社のコールセンターに一度確認することをおすすめします。

クレジットカードで保険料を払う時の注意点

保障の開始時期

生命保険会社が契約の責任を開始するのは、通常は「申込書や告知書の記入日」と「第一回目の保険料の払込みがあった日」のどちらかのうち遅い方の日からとなっています。

クレジットカード払いの場合は、「クレジットカードの有効性を保険会社が確認できた日」を「第一回目の保険料の払込みがあった日」として手続きが進められます。また、保険会社がカードの有効性を確認する方法として以下の手続きが必要です。

    ポイント

  • ①保険会社や保険の相談窓口などの店頭で、契約者が携帯電話やスマートフォンでQRコードを読み取ってカード情報を入力し、その場で第一回目の保険料の決済を完了してカードの有効性を即日確認する方法
  • ②保険会社所定の用紙にカード情報などを記入して提出もしくは郵送された書類が保険会社に到着してから確認する方法

①の方法であればカードの有効性がすぐに確認することができ、記入する手間や誤記入を防ぐこともできます。一方、②の場合は書類が保険会社に到着して確認が取れてからとなるため、保障の開始時期が1週間~10日程度遅くなるのでかけ替えの場合なども注意が必要です。

保険契約者とクレジットカード名義人

保険料をクレジットカード払いにする場合は、保険契約者とクレジットカードの名義人を同一にする必要があります。妻が契約者で夫名義のクレジットカードで保険料を支払うことは出来ません。

カードの有効期限

クレジットカードには有効期限があります。保険会社にもよりますが、カードの有効期限またはカード番号が変更になると、手続きが必要な保険会社があります。手続きが必要な保険会社では、そのまま放置しておくと保険料の支払いが出来なくなることもあるので注意が必要です。

カードが利用停止になった時

クレジットカードが利用停止になった時には、別のクレジットカードで決済する手続きをとるか口座振替の手続きに変更する必要があります。ただし、口座振替の手続きには時間がかかるので保険料支払い日が迫っている時には注意が必要です。まずは、保険会社のコールセンターへ手続き方法を確認することが大切です。

参考URL:オリックス生命『保険料の支払いをクレジットカード払にしたいのですが、取扱いに制限はありますか?