SBI損保の自動車保険

SBI損保の自動車保険について

SBI損保のサイト

会社名 SBI損害保険株式会社
住所 東京都港区六本木1丁目6番1号 泉ガーデンタワー
設立年月 2006年6月1日
資本金 409億円
自動車保険販売開始 2008年1月
保有契約件数 100万件以上
ソルベンシーマージン比率 657.0%(2019年3月期)

SBI損保は証券会社やネット銀行などを展開しているSBIホールディングスのグループ企業で、グループ企業の中には一括見積もりサービスを提供している「インズウェブ」があります。2008年1月より自動車保険の営業を開始し、他にもペット保険、火災保険、がん保険、医療保険などさまざまな保険を取り扱っています。

2018年7月時点で自動車保険の保有契約件数は100万件以上となっており、ダイレクト型の国内シェアは6位となっています。保険会社の支払い余力を示すソルベンシーマージン比率は2019年度末の時点で「657.0%」となっており、安全基準の200%の3倍以上の数値を示しており保険金の十分な支払い余力がある経営状況となっています。

SBI損保の補償内容

保険種類 補償金額
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 500万円、1,000万円、2,000万円、3,000万円、1億円、無制限
自損事故保険 1,500万円
無保険車傷害保険 2億円(被保険者1名につき)
人身傷害保険 3,000万円、5,000万円、7,000万円、1億円、1.5億円、2億円、無制限
搭乗者傷害保険 500万円、1,000万円、2,000万円
車両保険 一般型、車対車+A(エコノミー)

SBI損保では他社と比べて各保険の補償内容を細かく設定できるのが特徴です。例えば対物賠償保険は500万円~無制限の間で希望する補償額を選択することができます。人身傷害保険や搭乗者傷害保険は付帯するかどうかを決めることができ、補償額もニーズに応じて選ぶことができます。

自損事故保険と無保険車傷害保険は自動でセットされており、保険金額も予め決まった補償額となっています。また車両保険は付帯なし、一般型、エコノミーから選択することができ、契約車両の型式などに応じて車両保険金額も一定の範囲の中で決めることができます。

特約種類 補償内容、金額
対物全損時修理差額費用補償特約 50万円
全損時諸費用保険金特約 車両保険金額の10%
他の自動車運転危険補償特約 「対人」「対物」「自損事故」は主契約と同じ、「車両保険」は対物賠償保険の補償額
ファミリーバイク特約 「対人」「対物」「人身傷害」「自損事故」は主契約と同じ
自宅・車庫等修理費用補償特約 「対人」「対物」「人身傷害」「自損事故」は主契約と同じ
個人賠償責任危険補償特約 保険期間中1回まで、限度30万円
自転車事故補償特約 1事故につき1億円まで
弁護士費用等補償特約 1事故につき被保険者1名あたり300万円
レンタカー費用補償特約 修理期間中のレンタカー費用を負担(最大30日まで)
被害者救済費用等補償特約 契約車両に対する不正アクセスなどの原因による事故の場合に補償

SBI損保ではオプションとして補償を追加できるさまざまな特約があります。ただし、「他の自動車運転危険補償特約」と「被害者救済費用等補償特約」は自動付帯となり外すことはできません。

個人賠償責任危険補償特約やファミリーバイク特約、弁護士費費用等補償特約は必要に応じて付帯させると安心です。見積もり時に特約を選択するページが表示されるので、付帯させるものを選んで保存すると保険料に反映されます。

SBI損保の割引制度

割引制度 割引内容 対象
インターネット割引 10,000円 新規契約
継続割引 10,000円 継続契約
証券不発行割引 500円 保険証券を郵送しない場合
セカンドカー割引 2台目の車が7等級からスタート 複数契約
新車割引 最大約9% 初年度登録25ヵ月以内
ASV割引 AEB(衝突安全ブレーキ)が装備されている車
ゴールド免許割引 最大約20% 記名被保険者がゴールド免許

SBI損保ではインターネット割引やセカンドカー割引、ASV割引などさまざまな割引制度が用意されています。また年間走行距離に応じて保険料も決まるので、休日だけ運転される方など普段あまり車に乗らない方にもメリットがある保険料設定となっています。

SBI損保のロードサービス

ロードサービス サービス内容
レッカー、車両運搬 レッカー移動 移動距離無制限(※指定工場まで)
修理後車両搬送 車両を指定先まで搬送、搬送費用を負担
現場応急作業 バッテリー上がり ジャンピング、バッテリー交換(※1)
ガス欠時の燃料補給 燃料補給作業(※1 ガソリンまたは軽油10リットル)
雪道スタック引出し スタックからの引出し作業
エンジンオイル、冷却水補充 エンジンオイルや冷却水の補充作業
パンク時スペアタイヤ交換 スペアタイヤの交換作業
カギ閉じ込み開錠 インロックの開錠作業
その他 サイドブレーキの固着解除、各種灯火類のバルブ取替えなど
帰宅、宿泊費用 帰宅費用 当日または翌日に帰宅される場合に交通費を負担
宿泊費用 事故で帰宅困難時に搭乗者の宿泊費用を負担(1人1泊15,000円まで)

※1 保険期間中1回まで無料で利用可能

SBI損保では契約者全員に無料で利用できるロードサービスが付帯されます。最寄りの修理工場までレッカー移動無制限やバッテリー上がりや落輪引き上げなどの緊急対応サービスを無料で利用することができます。ただし、ガソリン補給は保険期間中に1回まで無料となっています。

SBI損保の特徴

SBI損保の特徴

  • 価格.com自動車保険保険料満足度ランキングで10年連続1位
  • さまざまな割引制度が充実
  • ロードサービスで帰宅宿泊費用も負担、一定条件でプレミアムサービスも
  • 事故現場かけつけサービスなし
  • 定期的にプレゼントキャンペーンを実施

SBI損保の大きな特徴はリーズナブルな保険料を実現したダイレクト型の自動車保険で、価格.comが毎年発表している自動車保険ランキングでは保険料満足度で10年連続1位を獲得しています。

新規契約でも継続契約でもインターネット割引10,000円などさまざまな割引制度も充実しており、中でもゴールド免許割引が適用されると保険料が最大で約20%も割引されるため安全運転を続けている方にとってメリットが大きい自動車保険です。また新車割引最大約9%やASV割引などもあり、対象となる割引を受けられる方にとっては保険料の安さを実感しやすくなっています。

契約者であれば無料で利用することがきるロードサービスですが、レッカー移動や緊急対応サービスに加えて帰宅費用や宿泊費用も負担してくれるのも大きな特徴の1つです。自宅までの公共交通機関の費用やレンタカー24時間分を負担してくれたり、帰宅手段がない場合は近くの宿泊施設の宿泊費用を1人あたり15,000円まで負担してくれます。また3年目以降の契約者やSBI損保の火災保険にも加入されている方には「プレミアムサービス」を利用することが可能で、宿泊も2泊分まで負担しれくれるようになります。

残念ながら「事故現場かけつけサービス」はありませんが、24時間365日に対応した事故受付や当日中の事故対応(平日9:00~19:00、土日祝9:00~17:00)も行ってくれます。相手方との示談交渉を代わりに行ってくれたり、事故解決専門のチームが相談に乗ってくれたり保険金の受け取りもサポートしてくれます。

また定期的にプレゼントキャンペーンを実施しており、見積もりだけで特典がもらえるキャンペーンもあるので乗り換えを検討されている方は一度見積もりを依頼されることをおすすめします。

SBI損保の保険料について

軽自動車 車両保険あり 事故現場かけつけ
4位 4位
未成年(18歳、19歳) 20代 30代
2位 4位

さまざまな条件ごとに保険料の見積もりを比較した自動車保険ランキングでは、4位以上にランクインしていることが多くなっています。事故現場かけつけサービスがないダイレクト型の自動車保険の中では少し高めの保険料試算が出ていますが、2年目以降もインターネット割引が10,000円になることを考慮すると長く継続して契約したい方にはおすすめの自動車保険です。

SBI損保では未成年(18歳、19歳)を記名被保険者とした場合の見積もりをインターネットから取得することができないため、公式サイトに記載されている電話番号より見積もりを依頼するようにしましょう。また26歳以上より10歳単位で保険料区分が決まるため、補償範囲を26歳以上に限定すると保険料が大きく下がるのもSBI損保の特徴です。

SBI損保のキャンペーン

  • 新規契約キャンペーン(抽選でPS4をプレゼント、2019年10月1日~2019年12月31日)
  • カシャッピ見積もりキャンペーン(2019年11月7日~2019年12月31日)
  • 月払いキャンペーン(抽選でNintendoSwitchをプレゼント、2019年11月1日~2019年12月31日)
  • ご紹介プログラム

現在、SBI損保では新規契約された方に抽選でPS4がプレゼントされたり、月払いで契約された方に抽選でNintendoSwitchがプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

また友人や家族を紹介して新規契約に至ると2,000円分のプリペイドカードがもらえるキャンペーンも実施しています。特典内容は定期的に変更されるので、以下のページで最新情報をチェックしてみてください。

→ 自動車保険一括見積もりプレゼントキャンペーン

SBI損保の口コミ、評判

・一括見積もりサービスを利用して保険料を比較すると、SBI損保が一番安かった。2年目以降も保険料が大きく変わらないのが良いところ。(20代、女性、学生)
・以前加入していた損保会社は代理店の対応が悪くてかけ直しを考えていました。SBI損保は電話での対応も良かったですし、サイトでの説明も分かりやすい。(30代、男性、会社員)
・友人から紹介されて加入しました。キャンペーンでギフトをもらえましたし、保険料も2万円以上安くなったので満足しています。(40代、女性、主婦)
・ゴールド免許割引に惹かれて加入しました。火災保険もSBI損保で加入していたので、初年度からプレミアムロードサービスを利用できるのがメリット。(50代、男性、会社員)
・新車に買い替えたので保険料を見積もったらSBIが最安値だった。ただ事故現場かけつけサービスがないのがちょっと残念。(60代、男性、自営業)

当サイト実施のアンケート、または、クラウドワークスで募集した口コミを掲載しています。

公式サイト
・「SBI損保